換気扇はシロッコファンが主流

換気扇はシロッコファン?プロペラファン?特徴を覚えておこう。

キッチンなどの換気扇にはシロッコファンとプロペラファンの主に2種類があります。「ファンを電力で回転させて空気を吸い込む」という仕組みはどちらも同じですが、構造に少し違いがあるのでしっかりと理解しておきましょう。

換気扇のシロッコファンとは?

シロッコファンとは、「細長い板状の羽が筒状に取り付けられているファン」のことを言います。換気扇というとキッチンのレンジフードが一番イメージしやすいですが、他にも脱衣所や浴室、トイレなど住設機器の多くにシロッコファンが使われています。レンジフードは主にスリム型とブーツ型の2種類ありますが、どちらもシロッコファンが使われている場合がほとんどですね。必要な排気能力によってファンの大きさは変わってきますが、大なり小なりシロッコファンは日常生活の中で幅広く利用されています。「電力でファンを回転させて空気を吸い込み、屋外へ排出する」という機能はどの換気扇も同じですが、シロッコファンは排気ダクトを通して屋外に空気を排出するため、「ダクト排気式」とも言われています。

プロペラファンとは?

プロペラファンとは、「電力でプロペラを回転させて空気を吸い込み排出する」換気扇のことを言います。排気ダクトを通すシロッコファンとは違い、プロペラファンは直接屋外に空気を排出するので「直接排気式」とも言われています。構造がシンプルで排気量も多いので戸建て住宅をメインに広く普及していました。設置が簡単で安価な点が最大のメリットですが、プロペラファンが室内にむき出しの状態になっているため騒音が大きいのが難点でもあります。また、室外部へ直接取り付けているため強風の影響を受けやすいのもデメリットですね。風や音が外部から入ってきやすい、マンションなどの集合住宅には設置しづらい、という点からもプロペラファンからシロッコファンへと移行する傾向にあります。

シロッコファンのメリット

シロッコファン最大の特徴は「排気ダクトを通して屋外へ排出する」という点です。直接排気式のプロペラファンとは違いダクトを通すため、自由な位置に設置できる、という点が大きなメリットとなります。外壁に接していない場所でも排気ダクトを伸ばせば良いわけですから、住宅の間取りなども自由度が高くなりますよね。また、直接外部へ設置していないので風の影響を受けにくい、というのも利点です。騒音も小さく、気密性の高い集合住宅にも設置が可能なので、住設機器はシロッコファンが主流となっています。換気扇としての排気能力はシロッコファン、プロペラファンどちらも甲乙つけ難いですが、住環境を考えた際にはシロッコファンのほうが見た目もスマートで快適な生活を送れそうですね。

設立年月日は、1965年4月です。 長年蓄積されたノウハウを生かし、熟練工が製造にあたり、送風機メーカー、熱交換器メーカーとして多大なるご信頼を頂きました。 北海道から沖縄まで日本全国のさまざまな業種のお客様より直接お取引をいただいていています。 電車の場合は、東武スカイツリーライン(地下鉄日比谷線・半蔵門線直通):越谷または新越谷です。 換気扇のシロッコファンならお任せください。