シロッコファン型換気扇の説明

換気扇のシロッコファンとはどんな換気扇?

キッチンの換気扇(レンジフード)は外壁に直接取り付ける直接排気式のプロペラファン、羽がファンの回転方向に対して後ろ向きに配置されたターボファン。そして羽根車に幅の狭い羽が多数ついているシロッコファン(ダクト排気式)があります。
今回、換気扇のシロッコファンについて調べました。

換気扇のシロッコファンとは?

換気扇に使用されるシロッコファンですが、形状は円筒状の筒に多数の羽をつけてたような形状で多翼ファンのひとつです。
シロッコファンは遠心ファンという種類のひとつで、一戸建て住宅でよく見かけるプロペラファンよりも静圧が高いが風量は少ないです。
渦巻き状のクロススクロールケーシングと呼ばれるケースが必要で、ダクトと組み合わせて使用するので設置場所に自由度がありますが、プロペラファンより設備が大掛かりになるので、費用は高くなります。
同じようなタイプでターボファンというものがありますがクロススクロールケーシングが無くても送風が可能で風量も多いのですが、シロッコファンと比べ、騒音が大きいので焼却炉などの風量が必要な場所で使用します。

シロッコファンの原理と特徴

換気扇に使用されるシロッコファンですが、いったいどのようなものなのでしょうか?
シロッコファンの形状は、クロススクロールケーシングと呼ばれる送風効率を上げて騒音を抑える効果があるケース内に入っている円筒状のファンです。
円筒の曲面部分はスリット状に切られて羽を形成し、羽は円筒の中心に対して傾けてあります。
この円筒が回転すると円筒内の外側のスリットに近い部分の空気がスリットから円筒外に押し出されます。
空気が押し出されて円筒内部の気圧を下げる事で、シロッコファンに連続的に空気を引き込み、排出用ダクトに押し出していきます。
プロペラファンが外部の風等の影響を受けやすいのに対し、内部の圧力差を作る=静圧の差を大きくする事でシロッコファンは送風しますので外部の影響をあまり受けません。

シロッコファンの用途

換気扇に使用されるシロッコファンですが、どういった場所で使用されているのでしょうか?
住宅を例にとって説明すると従来型のプロペラファン型の換気扇は建物外壁に直接取り付けなければいけません。
したがって換気扇の設置場所が限定され、しかも風量が多いですが騒音も大きいです。
シロッコファンは風量は大きくないものの騒音が少なく、ダクトを使用する為に外壁に接している必要が無いのでアイランドキッチンなどの換気扇に使用されます。
その他の用途としては吸排気が強くないので大学や研究所のドラフトチャンバーの排気装置やセントラルヒーティングの送風、静音性を生かしてパソコンの冷却用ファン、エアコン内部のファンなどにも使用されています。