応用のきく換気扇はシロッコファン

メリットや清掃方法を説明!シロッコファンの換気扇と?

換気扇には、シロッコファン式とプロペラファン式があります。シロッコファンは応用がきくものでよく利用されているものです。メリットや清掃方法などを説明しますので、参考にしてみてください。

シロッコファンとは?

シロッコファンとは、換気扇のなかで縦長で細長い板状の羽が筒に付いた形状をしているものです。レンジフードなどに使用され、回転させることで汚れた空気を吸い込んでくれます。ダクト管が接続されていて、そこから屋外に排出する仕組みなので屋外と隣接していない場所でも設置することが可能です。キッチンには、このシロッコファンとプロペラファンが多く使われ、回転をさせて屋外に出すことは共通していますが、形の違いとダクト管を通すかで変わります。プロペラファンは吸い込んだ空気を、直接屋外に排出するものです。シロッコファンを使うことで、天井埋め込み型などの設計に融通が利くようになり、多くの住宅やお店で利用されています。

シロッコファンのメリットと注意点

シロッコファンのメリットは屋外と接していない場所でも設置が可能なことです。住宅の設計の際や飲食店などでは、このようなシロッコファンのタイプにすることで設計の幅が広がります。プロペラファン式換気扇よりも見た目が良く、騒音が少ないことも特徴です。また、覆いかぶさるように設置をすることができるので、捕集効果が高く、しっかりと汚れた空気を取ることができます。屋外の風の影響を受けることがないので、マンションなどの住宅にも適していることもメリットです。
注意点では、捕集効果は高いですがプロペラファンも汚れを吸い込む力が弱いと言われています。しかし、シロッコファンは埋め込むことができるので、トイレや脱衣所などの天井に入れることで空間を狭くしない設計が可能です。

シロッコファンの清掃方法

シロッコファンは、細い板状のものが何枚も筒に入った状態なので、清掃の際は折らないように気を付けなくてはなりません。しかし、シロッコファンの多くは汚れが付きにくい特殊加工を施されているものが多いようです。台所用の中性洗剤などを使用し、スポンジで洗うだけで綺麗になります。こびりついた汚れが落ちない場合は、重層水、セスキ炭酸ソーダなどがおすすめです。アルカリ性のものは油汚れなどを溶かして落とす作用があるので、使ってみるといいでしょう。シロッコファンを外す際は、換気扇の電源が落ちていることを確認し、ネジなどはなくさないようにしてください。また、フィルターがついているので、その掃除も必要になります。フィルターの方に多くの汚れがついているので、そちらを綺麗にすることで、シロッコファンを長持ちさせることができるのです。